• ホーム
  • まつげとバッファーでのケアとしわ

まつげとバッファーでのケアとしわ

まつげはイキイキとハリのある目元にこそ、華やかさを添えてくれるものかもしれません。
顔もパーツの中でも、その人の印象さえ変えてしまうくらい、影響力があるパーツです。
体のパーツの中で言えば、意外と目についてしまうのが、指の先です。

手はハンドクリームでケアしても、その先の指先までお手入れをしておくことで、人からの印象は良いものとなっていきます。
ネイルケアは、怠ると嬉しくはないギフトと共に、帰ってきてしまいます。
爪に目立つ縦線が見えるのは、爪のしたにある皮膚が影響しています。

爪の下の皮膚に、しわが出来ていることに気がつくかもしれません。
爪に目立つ縦線がでているのは、皮膚のしわが大きく影響しているためです。
しわが深くなれば、つめにも現れてくるということです。
そのため、手先までの乾燥対策は、怠り無くすることが大切なのです。

まつげの日々のお手入れとしては、肌の保湿をしたあとに行います。
丸げ専用の美容液を、朝と夜のスキンケアのあとに、まつげに塗布してあげましょう。
アイラッシュサロンなどでは、プロのアイリストによる、まつげのケアを受けることもできます。

指先のしわ解消についてですが、普段かtら水仕事をする際には、ゴム手袋を着用すると良いです。
水に手が触れたあとには、こまめにハンドクリームを塗りましょう。

爪のケアについては、スリーウェイバッファーを使ってお手入れすると良いです。
伸びた爪は、バッファー風呂上がりの柔らかい状態で、カットしておきましょう。
スリーウェイバッファーを使うのは、このあとからになります。
爪をなめらかな状態にするために、バッファーを使っていきます。
磨いたあとには、ツヤも出てきます。

関連記事